O脚矯正について考える

日本人の約8割から9割はO脚だと言われています。O脚とは、脚の骨が曲がっている状態のことだと思われがちですが、実際は脚の骨が曲がっているのではなく、曲がっているように見える状態のことです。人間の脚の骨はひとつではなく、複数の骨から構成されています。上の方から骨盤とつながっている大腿骨は膝の部分で脛骨とつながり、脛骨は足首へとつながります。O脚の人はそのつなぎ目である関節の部分に歪みが生じています。膝の関節が歪んでしまうと、その上下にある大腿骨と脛骨も影響は外側へ倒れた状態になります。そうなると今度は、筋肉が外側へ付くようになります。こうして、脚の骨が曲がったように見えてしまうのです。
O脚は軽度のものから重度のものまで様々です。自分がO脚かどうか知るためには、専門医の診断を受けることが最も確実ですが、自分でもO脚の度合いを診断することができます。その方法は、まず真っ直ぐに立って両足のつま先とかかとをぴったりとくっつけた状態で、左右の太もも、膝、ふくらはぎ、くるぶしがきちんとついているか、また、膝頭やふくらはぎは外側を向いていないか、確認します。くっついていない部分が多いほど、また、くっついていない場合は距離が離れているほど、O脚の度合いは高いと言えます。
O脚の原因には、中には遺伝など先天性のものもありますが、ほとんどが日常の姿勢や生活習慣などによるものです。このような先天性ではないO脚は、効果には個人差がありますが、矯正することが可能です。
O脚矯正の方法の中で最も取り組みやすいものは、普段の姿勢や生活習慣を改善することです。例えば、脚を崩して座る横座りも、脚の骨や背骨に負担をかけ、O脚の原因の一つです。このような、体が歪むような姿勢を普段からしないように心がけます。歩き方にも同様のことが言えます。悪い姿勢で歩くと、骨盤の歪みにもつながります。モデルのようなぴんと伸びたきれいな姿勢を意識すると良いでしょう。また、マッサージやストレッチも効果的です。O脚の人は、血流が悪くなり、日頃筋肉にも無理をさせてしまっているため、マッサージやストレッチによって、血流の促進を図ります。ともに、体が温まった風呂上りなどに、無理のない範囲で行います。他にも、整体師の施術を受けることや、寝る姿勢の改善が挙げられますが、いずれにしても、長期間にわたり、継続して行うことが大切です。
O脚矯正によって得られる効果としては、身長が伸びることや、血流の促進による冷え性の改善などが挙げられます。

乳幼児や年配の骨が弱い方でも柔軟に対応できる技術。骨盤矯正ビジター:12,600円小顔矯正ビジター:14,700円、産後骨盤ビジター:14,700円。老若男女問わず、体の健康に気遣っている方。施術は、20時30分まで。どのような年齢層に応じても対応することができる。補正商品に頼らない総合的な矯正施術の提供。人が本来持つ回復力を高めるためにバランスを考えた矯正を行い”健康ときれい”を提供。O脚矯正のことなら東京身体療法研究所